失敗しないダイエット

筋肉量を増やす


年齢とともに代謝が落ちてくるのは、筋肉が減ってくるからです。
脂肪を効率よく燃焼させるためには、筋肉が必要です。筋肉が増えれば、体重は重くなりますが、体脂肪率は下がります。
衰えた筋肉を太くする、あるいは筋肉をつけるためにはダイエット前の運動が肝心。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、筋肉がたくさんあればあるほど、脂肪の燃える量は多くなります。
食べても太らない人というのは、筋肉が多いのです。
つまり、脂肪が燃える土台ができているんです。
逆に太りやすい人、痩せにくい人は、筋肉量が少ないのです。
食べたものが燃焼されにくいので脂肪としてため込みやすくなっています。
食事制限だけのダイエットでは、脂肪も落ちますが、一緒に筋肉も落ちてしまいます。
結果、一時的に体重は減っても、脂肪を燃やしてくれる筋肉までが減っているので、同じ量を食べてもさらに脂肪をため込んでしまうということになります。
運動を併用することで、筋肉の減少を防ぐことができます。
歩き方を変えるだけでもダイエット効果が期待できます。



普段の歩き方、だらだら歩いていませんか?

ダイエットに効果のある歩き方

  1. 歩くときはまっすぐと前を見ます。
  2. 肘を90度に曲げて大きく振りながら大股で歩きます。
一直線を歩くことを意識して、腰を外側から内側にひねりながら伸びあがるように歩くのがポイントです。

ダイエットに効果のある簡単なストレッチ

  1. 体の後ろ側に手をついて座ります。
  2. 伸ばしている脚のつま先は天井を向けます。
  3. 右足を左ひざの上にのせます。
  4. おへそを前に出すようにしながら、脚を変えます。
  5. 左足を伸ばして、右足全体を床につけたまま、右ひさをまげ、体を後ろに倒します。
  6. 脚を変えこれを繰り返します。

曲げた側の太ももの全面が引っ張られる感じになるまで倒すのがポイントです。